創業15年、進化し続けるインディーズAVメーカー【グローリークエスト】公式サイト http://www.gloryquest.tv/
グローリークエスト
禁断介護~メス犬に成り下がり義父のシモの世話に精を出す欲求不満嫁~
▲パッケージをクリックすると裏表紙が見れます▲

動画を再生する

禁断介護~メス犬に成り下がり義父のシモの世話に精を出す欲求不満嫁~


出演 青山はな


品番
GVG-509
発売日
2017年7月6日
定価
2,980円(+税)
収録時間
120分
シリーズ
禁断介護
ジャンル
おじいさん 介護 ドラマ 人妻 近親相姦
監督
三島六三郎


いよいよボケがひどくなった山爺。とうとう亡くなった愛犬ハナ子が生きていると勘違いするまでになってしまう。老い先短い父を気の毒に思った夫の順也は、嫁のはなに「ハナ子になりきって義父を安心させてほしい」と伝える。夫と義父のために渋々承諾したはなだったが、義父が要求してきたのは異常なスキンシップ。首輪を付けさせられ、咀嚼、全身リップ、フェラチオ…。完全にメス犬へと躾けられてしまうはなだったが、夫にはできない義父の調教にドM性を開放させられてしまうのだった。


{レビューを書く

【禁断介護~メス犬に成り下がり義父のシモの世話に精を出す欲求不満嫁~】を見た感想をお気軽にお書きください。

`

★★★★
(POSTED by まるちゃん 様)

青山はなさん、禁断介護史上一番の美貌ではないでしょうか?

完璧に整った顔に豊満で若々しい肉体。どこを切ってもまさにSSS級の美女の登場に皆さんも驚かれたことでしょう。

一方今回の義父は完全にボケて+いっちゃってる印象で、それがエロさを最高潮に引き出すことに成功しています。*後述しますが、これはあくまで前~中盤まで残念です。。

今作においての義父と嫁の関係は「ご主人と飼い犬」という設定になっており、互いの呼称は「ご主人様~はな子」となっております。

しょっぱなの場面、いきなり咀嚼プレーかなと思いきや、口移しではなく残念。。。(笑)
はなさんのミニスカから見えるおみ足とパンチラでいきなりやられます!

次のチャプターでは義父の体を拭いている途中で乳を揉みしだかれ、うろたえるはなさん。。可愛すぎます!このシーンで私は落ちましたよ。

このチャプターで気になったことがあって、あくまで私の主観になりますが、山田さんの起ちが凄く弱く感じたんですよね。いわゆる「勃ち待ち」でシーンを一度切っているように感じられ、山田さんの根底精力に不安が少し残ります。。

チャプター3から最後のチャプターの前の入浴介護シーンまでは、義父がぶっとんだ色情狂になり、はなさんのやば過ぎるドM性をさらけだしていきます!

青山はなさん、とにかくこの方は異常なほどドMです!義父の体を拭いてるところからもう感じているような息遣いでエロいです。

今作品は意外と舐めにフォーカスが置かれており、山田さんがはなさんを舐めまくる場面が多いように感じました。

でもこれって考えすぎかもしれませんが、よくよく考えて見ますと私がチャプター2で感じた懸念、山田さんの根底精力の減退から舐めの場面を多くせざるおえないという状況なのかなと勘ぐってしまいます。。山田さんの精力減退の可能性に関しては少し前から方々で言及されていた気がするのですが、どうなんでしょうか?

さて私が一番今作で残念だったチャプター~はなさんによる義父への夜這いがけのシーン。

この最後のチャプターで一気にテンション盛り下がりました。。

まず就寝中ということで山田さんが眼鏡をかけておらず容姿が若返ってしまい、どこぞのアダルトメーカーで髪の毛にグレーのスプレーを付けて擬似老人を装っている男優が出演している作品と変らなく感じます。はなさんに夜這いをかけられた時点で眼鏡をかけなおす必要が絶対ありましたね。

この時点で年老いて見えるダンディーな青年×美女みたいに見えてしまっており、マニアの心をくすぐる部分がありません。

そして、内容的にもそれまでのチャプターでは完全にボケた性悪老人であったのにも関わらず、このチャプターで山田さんが完全にボケから脱して
なぜか急に紳士になってしまっているのです。

それを最も象徴しているのが、はなさんがキスをしてせまると「はなさん、どうしたんだい?」と言ってまごついてしまう気弱で紳士な義父になってしまい、ん??なんだこれは?状態です。

さっきまでのぶっとんだ老人はいずこへ。。。

この展開にはさすがにもう一気に冷めてしまいました。。

このチャプターだけ別の作品のようになっており、全く楽しめませんでした。

前~中盤まではとても良い流れでエロい内容であるだけに非常に残念。

最後のチャプターだけは「老人もの」としては観賞出来ないと思います。

お話はずれますが、私の指摘している禁断介護における問題点がこの作品でまざまざと露呈していました。

山田さんの回と斉藤さんの回の女優さんの衣装の差があり過ぎるということ。

青山はなさんと水谷あおいさんを単純比較してみますと、はなさんはほとんど全編ミニスカート着用、しかもセクシーなT-バック。

水谷あおいさんは所々で、やぼったい中途半端な丈のスカートに普通の下着。

何で斉藤さんの回はこうなってしまうのでしょうか???全く理解が出来ないです。

何度も書きますが、こういう部分って凄く大事だと思います。

禁断介護って以前の監督が女優の仕立てが地味過ぎる事で批判が出て論争というか問題になっていましたが、それを繰り返してしまっているようで残念なんですよ。

三島監督になって凄く良くなった部分が、前の監督さんの時の女優さんの髪の毛のベトベト感が消えてサラサラで綺麗になったことと感じているので、なぜそこでマイナスに振ってしまうのかと思ってしまいます。

最後になりますが、これだけ舐めにフォーカスを当てる内容にするのであれば、青山はなさんには是非斉藤さんとも一戦交えて頂きたいです。