創業20年、進化し続けるインディーズAVメーカー【グローリークエスト】公式サイト http://www.gloryquest.tv/
グローリークエスト
禁断介護~義父老人の躾の虜になり夫の隣で激しく腰を振る淫乳嫁~
▲パッケージをクリックすると裏表紙が見れます▲

禁断介護~義父老人の躾の虜になり夫の隣で激しく腰を振る淫乳嫁~


出演 尾上若葉


品番
GVG-310
発売日
2016年6月2日
定価
2,980円(+税)
収録時間
130分
シリーズ
禁断介護
ジャンル
おじいさん 介護 ドラマ 人妻 近親相姦
監督
三島六三郎


若葉は夫と体の弱い義父・山爺の3人で暮らしていた。ある日、若葉は庭の掃除中に義父の宝物の盆栽を割ってしまい、それを隠蔽する。若かりし頃に捜査官をやっていた山爺は、犯人を若葉だと推理し問い詰める。事実を隠蔽する若葉に対し義父は激しく怒りを覚え、庭で若葉の尻を剥き出しにしスパンキングする!そしてその若々しく豊満な肉体を前にしてその怒りは徐々に性的な欲求へと変化し、陰湿なエロ仕置きの数々が始まるのだった…。


尾上若葉 画像1 尾上若葉 画像2 尾上若葉 画像3
尾上若葉 画像5 尾上若葉 画像6 尾上若葉 画像7
尾上若葉 画像8 尾上若葉 画像9

{レビューを書く

【禁断介護~義父老人の躾の虜になり夫の隣で激しく腰を振る淫乳嫁~】を見た感想をお気軽にお書きください。

`


(POSTED by まるちゃん 様)

正直言いまして今回ばかりは全く刺激が無いつまらない作品でした。。

何度も耳がたこになるほど申し上げておりますが、山田氏の役者として表現力不足と見てくれの中途半端感(意外かもしれませんが、老人なのか中年なのかが分からない印象あり)そして若さを意識した只たんに荒くれ感だけの格好つけた様な
わざとらしい性技が見る者をしらけさせます。。。

特に今回は山田氏の役者としての基本的なアビリティーの低さが露呈してしまっています。単純に顔に悪どさがないので、こういった厳格で意地悪な役はあまり向いていないんです。

元刑事というキャラになど毛頭合わないです。

今現在、禁断介護の中でこういった厳格だが性悪エロ老人にピッタリ合うのは斉藤修しかいません。徳田さんも山田さんも顔が善人だから(心も善人ですよね)あまり極悪とか厳格とかとは無縁の人なのです。

合わないものを無理やりにこじつけてもぎくしゃくしてバランスが悪くなるだけです。

肝心の内容ですが、山田さんの歯茎まで舐めまわすキスも、女優が凄く嫌がっていて全く駄目ですね。この歯茎舐めのアイデアは結構良いと思うのですが、これは相手の女優さんの毛色を考えてやらないと失敗するんですよ。

こういった何が何でも俺の変態プレイをぶちかましてやる的な山田さんの押し引きの乏しさが作品のクオリティーを下げてしまっています。

一番最後のチャプターでクンニする際に山田さんの髪の毛が前に垂れているのが非常に目障りです。これには気分を害されますし、舐めている場面において長い髪の毛は邪魔になる可能性すらあるわけです。


私は気分を害する事と老人男優に求められているキモさとは全く違うものだと考えております。

最近の山田さんには自分の「見てくれ」を女優にモテル老人に仕上げようと企んでいるのではないのかと感じています。自分を少しでもスマートな老人に見せようと思って髪の毛を伸ばしているのではないでしょうか?

何はさておき、前作今作と山田氏が立て続けに出演したという事も見る側からの嫌悪感を助長しているのですが、山田氏は3P作品でお邪魔虫な友人を演じるのが非常に当たり役だと思います。

夏樹みなみさんのは非常に良い内容だったと思うからです。

それと三島監督は素晴らしい監督さんだと思いますが、弱点は一つ一つのプレーをショートカット流して撮影してしまうところです。

この作品もそうなんですが、キスはほどほど、乳首舐めショートカット、足指舐めショートカット、クンニショートカットと、どれも短く切ってしまっているんですね。

禁断介護ファンはある種フェティッシュの塊みたいな人たちが多いのですから、もっと一つ一つのプレイを時間をかけて撮影していかないと、ストーリーは充実しているが、性技的な内容として薄いという評価をせざるおえません。

私たち禁断介護ファンは、なんちゃらアワードを取るような芸術的な作品ではなく、ただひたすらに年齢差のあるエゲツナイエロをじっくり鑑賞したいだけなんです。

最後になりますが、ここ最近の禁断介護のキャスティングは酷いです。

吉川あいみさんと山田さんというもう散々他社で見させられた組み合わせを真似るという事を見ましても、グローリークエストさんがまたまた他社さんに追いつけ追い越せに必死になって、池の中で溺れかけているような感さえするのです。

「いいじゃないですか、他社がどういう路線を行こうがどんな男優を使おうが、そして一部の山田さん狂から何を言われようが」と思ってしまいます。

そして樽型体型の斉藤さんに巨漢系の女優さんを当てたのも大きな失敗だったと私は強く感じています。

いままさに再度他社さんと同じようなものを作ろうとしているグローリーさんを見ていると、私は非常に残念に思います。